半自動溶接機専門店

‘アーク溶接機’ カテゴリーのアーカイブ

☆ノンガス溶接の場合、先端のノズルはつけなくてもOKです。

2015 年 11 月 10 日 火曜日

こんにちは。

こちらの「ノズル」ですが、ノンガスにて溶接する場合は、こちらを取り付ける必要はありません。
半自動溶接機先端

というのが、ノズルは炭酸ガス等を使う場合に、溶接部分にガスが集中する事を目的に取り付けられています。
ですので、ノンガスワイヤーにて溶接する場合は、取り付けない事で溶接プールが目視し易くなりますし、そもそもガスが出ませんので、付ける必要はありません。

ちなみにノンガスワイヤーには「フラックス」という、溶接部を保護する物が添加されており、これがシールドガスの代わりの役割を果たします。

ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。株式会社WELD TOOL 092-205-2006

☆アーク溶接の10Mホルダ、10Mアースを販売開始

2015 年 10 月 1 日 木曜日

こんにちは。

半自動溶接機WT-MIG160には「ロングトーチ」といったオプションがありません。

これは、半自動溶接トーチが長くなってしまうと、必然的に中を通る溶接ワイヤーも長くなってしまい、ワイヤー送りの抵抗増加、収納時のワイヤー巻き取りの手間の問題等がある為です。

そこで今回、アーク溶接用の10Mロングホルダと10Mロングアースを発売開始しました。

これらを使う事で、動きの多い現場ではアーク溶接、一部で連続した溶接が多い場合は半自動と使い分ける事ができます。

購入はこちらからお願いします。

10Mホルダセット(アーク溶接ホルダ、アース)

  • 10Mホルダセット(アーク溶接ホルダ、アース)

販売価格:19,800円


数量 



10Mアーク溶接ホルダ

  • 10Mアーク溶接ホルダ

販売価格:11,000円


数量 





ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。株式会社WELD TOOL 092-205-2006

☆ノンガス溶接でもこんなにきれいに溶接できます。

2015 年 8 月 6 日 木曜日

こんにちは。当社の半自動溶接機WT-MIG160は一般的な半自動溶接機のように炭酸ガスや混合ガスを使用して溶接を行うことも可能ですが、ノンガスフラックスワイヤーを使用することでガス無しで
溶接することも可能です。重たいガスボンベが不要で、200Vの電源さえあればOKです。

炭酸ガス等を使用する場合と比べてノンガス溶接の場合はヒューム(煙)やスパッターが多く、仕上がりは被覆アーク溶接(手棒)のような感じになります。

しかし、スパッター除去スプレーやカップブラシ付きのグラインダーを使用することで通常の炭酸ガス等を使用した場合と同じような仕上がりになります。以下の写真にて確認下さい。

これくらいきれいに溶接できれば正直ガス無しでも全然問題無いと思います。重たいボンベも不要で、風の影響を受けないので外での溶接もOKです。
溶接後にサッとグラインダーをかけるだけなので手間もかかりません。

RIMG0815

以下、使用したスパッター除去スプレーとグラインダー。
このグラインダーのブラシはカップブラシと言って溶接後のフラックス除去などにとても便利です。ワイヤー(ブラシ)が横に出ていて、写真のような溶接部もしっかり磨くことができます。しかし、使用時は必ず保護メガネをしましょう。使用時にワイヤーが抜けて目にささったら大変です。
RIMG0838

ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。株式会社WELD TOOL 092-205-2006

☆被覆アーク溶接を動画にて 半自動溶接機WT-MIG160

2014 年 7 月 22 日 火曜日

被覆アーク溶接では長い溶接棒を使用するため、慣れるまでは棒先端がブレやすく、アークスタート時にも母材と溶接棒を短絡させる必要があります。
その際、棒と母材が磁石のように引っ付きますので、未経験の方はアーク発生を維持するのが難しいかもしれません。

アーク発生の方法につきましては、「ブラッシング法」及び「タッピング法」があり、溶接者はブラッシング法にてアーク発生させています。
コツは母材に溶接棒を擦りつけるように接触させ、アーク発生後、母材と溶接棒の距離は2~3mm程度を維持し、溶接始端まで棒を持っていきます。

溶接中は、母材に這わせるようにプールの形成に合わせて溶接棒を移動し、溶接終端では溶接棒を一度母材から離してアークを切り、再度アークを発生させ、円を描くようにクレーター処理をして完成です。

溶接終了後はビード上に形成されたスラグを付属のワイヤーブラシ裏のハンマーで取り除き、溶接部をブラシで磨いて下さい。



小さなことでも不明な点がありましたらお気軽に電話もしくはメールにてお問い合わせください。
                                                           
ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。株式会社WELD TOOL 092-205-2006

☆自動遮光面のテスト動画です!

2014 年 3 月 14 日 金曜日

自動遮光面のテスト動画です。 ご確認下さい。
アーク光などを感知すると一瞬で遮光し、消えるとすぐに戻ります。
これで両手が使えるようになり、溶接品質も向上します。
動画にて確認下さい。
(今回はライターの炎でテストしていますが半自動溶接機の強力なアーク光でもしっかり
遮光します。)

こちらから購入できます。

ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。株式会社WELD TOOL 092-205-2006

☆炭酸ガスが無くてもしっかり溶接できます!アーク溶接よりも簡単で素早くきれいに溶接できます。

2013 年 11 月 11 日 月曜日

当半自動溶接機WT-MIG160にてノンガス溶接のテストをしました。

炭酸ガス+ソリッドワイヤーでも溶接できますが、今回は炭酸ガスを使用せず、
フラックスワイヤーを使い、6mmの鋼板を溶接しました。
ノンガス溶接ですがスパッターも少なく、アーク溶接よりも素早くきれいに溶接できます。
ただヒューム(煙)は多いのでマスク必項です。
盛った部分をグラインダーで仕上げればもっときれいに仕上がります。

溶接条件は
フラックスワイヤーΦ0.9mm
電流 120A
ワイヤースピード 7m/min

ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。株式会社WELD TOOL 092-205-2006

安価で確かな製品をお届けします

店長あいさつ

FAX用紙はこちら

当サイトにお越し頂き、ありがとうございます!機械工具商社で8年ほど、エアーツールや油圧機器、溶接機器等を取り扱い、今に至ります。ガス溶接やアーク溶接、TIG溶接の資格も取得しております。”安かろう悪かろう”ではなく、しっかりと”使える”製品をお求めやすい価格にて提供致します。誠心誠意対応しますので宜しくお願い致します。

株式会社WELDTOOL
上原 顕

最新情報

会社概要

新着情報

過去の記事