半自動溶接機専門店

☆半自動溶接機WT-MIG160の溶接条件設定について

2015年10月29日

こんにちは。

当社の半自動溶接機WT-MIG160は、溶接電流とワイヤースピード調整が可能ですが、今回はその条件設定について実際に細かくテストしてみました。

ガス有り軟鋼(混合ガス使用)



ガス無し軟鋼(フラックス入りワイヤー使用)
半自動テスト



ガス有りアルミ(アルゴンガス使用)

ガスを変えると光の色も変わってますね。



別の写真ですが、混合ガスを使った場合の溶接ビードはこちら。
半自動の割にはキレイに溶接できます。

半自動でアルミを溶接した写真です。
細かいスパッタが周りに付着してしまいますが、しっかり溶け込んではいます。

こちらは参考までにWT-TIG200(TIG溶接機)でアルミを溶接した写真です。
左はナメ付け、右は溶接棒を入れたものですが、やはりアルミはTIGの方がキレイにいきます。



これまでのテスト結果を踏まえて、初心者の方にも分かりやすいように各種溶接条件の参考表を作りました。

※クリックで拡大できます。



こちらの表は近々シールにして、本体に貼るようにする予定です。
溶接中に条件設定に迷った時の参考にして下さい。

但し、あくまでも参考値ですので、板の面積(大きい程熱が逃げるので、出力を上げる傾向になります)や溶接姿勢(上向き、下向きetc..)や開先加工の有無に応じても変わってきますので、その辺りはお客様の方で微調整して下さい。

ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。株式会社WELD TOOL 092-205-2006









番外編

棒が引っ付いちゃったよーーーーーーあると思います(笑)


Posted by ノンガス兼用の高性能半自動溶接機 at 18:01 / 未分類 コメント&トラックバック(0)

※ショッピングサイトへ移動します。
フッターバナー2
安価で確かな製品をお届けします

店長あいさつ

FAX用紙はこちら

当サイトにお越し頂き、ありがとうございます!機械工具商社で8年ほど、エアーツールや油圧機器、溶接機器等を取り扱い、今に至ります。ガス溶接やアーク溶接、TIG溶接の資格も取得しております。”安かろう悪かろう”ではなく、しっかりと”使える”製品をお求めやすい価格にて提供致します。誠心誠意対応しますので宜しくお願い致します。

株式会社WELDTOOL
上原 顕

最新情報

会社概要

新着情報

過去の記事