半自動溶接機専門店

☆200V 半自動溶接機WT-MIG160のワイヤーが出てこない場合の対策 

2015年1月23日

以前、問い合わせにて「半自動溶接機のワイヤーが溶接中に出てこない」とのお電話を頂きました。
半自動溶接機のワイヤー詰まりは様々な原因があり、順を追って説明していきたいと思います。


当半自動溶接機のワイヤーは溶接機内部に格納されており、送給ローラーで押し出されるような形でトーチ先端より出てきますが、
その際、ワイヤーをセットしているナットを強く締めすぎたりして、ワイヤーがフリーになっていないと、それが抵抗になり送給ローラーが回らなくなってしまします。
ナットは適度に締め付けて下さい。

ワイヤーを送給ローラーにセットする前に、必ずワイヤー先端をカットしておきましょう。ここにダマがあると、トーチ内部で引っかかる原因になります。
また、ワイヤーを送る際は、トーチをできる限り真っ直ぐに伸ばした状態で送って下さい。

ワイヤーを送る前には必ずコンタクトチップを外しておいて下さい。
こちらも、付いたままでは引っかかる原因となってしまいます。

ここまでやっても引っかかるようであれば、トーチのライナー交換をしたほうが良いかもしれません。




小さなことでも不明な点がありましたらお気軽に電話もしくはメールにてお問い合わせ下さい。

ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。株式会社WELD TOOL 092-205-2006


Posted by ノンガス兼用の高性能半自動溶接機 at 17:31 / 未分類 コメント&トラックバック(0)

※ショッピングサイトへ移動します。
フッターバナー2
安価で確かな製品をお届けします

店長あいさつ

FAX用紙はこちら

当サイトにお越し頂き、ありがとうございます!機械工具商社で8年ほど、エアーツールや油圧機器、溶接機器等を取り扱い、今に至ります。ガス溶接やアーク溶接、TIG溶接の資格も取得しております。”安かろう悪かろう”ではなく、しっかりと”使える”製品をお求めやすい価格にて提供致します。誠心誠意対応しますので宜しくお願い致します。

株式会社WELDTOOL
上原 顕

最新情報

会社概要

新着情報

過去の記事