半自動溶接機専門店

一躍脚光を浴びた、半自動溶接機

2014年1月17日

一躍脚光を浴びた、半自動溶接機

半自動溶接機とは、アーク溶接の一種で、ガスシールド溶接法とも言うそうです。
作業効率が悪く、時代の要請に追いつけなかった手溶接に変わって商品開発がされ、改良を重ねて出来たもので、手溶接に変わって戦後日本の復興期に一躍脚光を浴びたと言われています。
溶接材は、手溶接の時には20cm~30cmの溶接棒でしたが、溶接棒の変わりに長いワイヤーを使用する事によって、手溶接では頻繁にあった短くなった棒の交換が必要なくなったので、作業効率を上げる事が出来る様になり、アークシールド材としては、ガスを使用しています。
しかし、自動といっても、手作業でやる事には変わりありません。
ガスの種類や、溶接対象の金属の違いによって、さまざまな種類がありますので、用途に合わせて使い分ける様にします。
メーカーもさまざまありますし、専門店などもありますので購入するには安心です。
インターネットでも買う事が出来ますので、探している人は一度検索してみる事をお勧めします。


Posted by ノンガス兼用の高性能半自動溶接機 at 18:23 / アーク溶接機,半自動溶接機 コメント&トラックバック(0)

※ショッピングサイトへ移動します。
フッターバナー2
安価で確かな製品をお届けします

店長あいさつ

FAX用紙はこちら

当サイトにお越し頂き、ありがとうございます!機械工具商社で8年ほど、エアーツールや油圧機器、溶接機器等を取り扱い、今に至ります。ガス溶接やアーク溶接、TIG溶接の資格も取得しております。”安かろう悪かろう”ではなく、しっかりと”使える”製品をお求めやすい価格にて提供致します。誠心誠意対応しますので宜しくお願い致します。

株式会社WELDTOOL
上原 顕

最新情報

会社概要

新着情報

過去の記事